松阪まるよしの歴史

松阪牛(松坂牛)専門店 まるよしの歴史写真を集めました。

松阪まるよしの歴史

松阪牛の由来

松阪牛の由来

写真で見る松阪まるよしの歴史

松阪牛の由来

創業者:鴻原 義雄(ヒロハラ ヨシオ)

昭和20年 鴻原 義雄が馬喰(※1)として松阪産黒毛和牛の取扱いを始める。

※1 ばくーろう【博労/馬喰/伯楽】
《「はくらく(伯楽)」の音変化》
牛馬の良否を見分けることに巧みな人。また、牛馬の病気を治す人。はくらく。牛馬の売買・仲介を業とする人。

出展:大辞泉
創業当時の松阪まるよしメンバー

創業当時の松阪まるよしメンバー

店舗前での記念撮影

店舗前での記念撮影

松阪まるよし鎌田本店前にて

松阪まるよし鎌田本店前にて

松ヶ島店開店

松ヶ島店開店

松阪牛の仕入風景(松阪肉牛共進会にて)

松阪牛の仕入風景(松阪肉牛共進会にて)

松阪牛の仕入風景(松阪肉牛共進会にて)

松阪牛の仕入風景(松阪肉牛共進会にて)

松阪肉牛共進会 優等賞

松阪肉牛共進会 優等賞

取材風景:創業者鴻原義雄と女優

取材風景:創業者鴻原義雄と女優

松阪まるよし ロゴマークについて

ロゴ
肉よし と呼ばれる事が多いですが、 マル肉、マルよしと呼び、あわせて松阪まるよしのロゴとなっております。

肉は「よい肉」という意味を表し、 よしは創業者である鴻原義雄の「よし」からとっております。